• HOME
  • お知らせ
  • [研究成果]稲岡司名誉教授が編著書を出版

[研究成果]稲岡司名誉教授が編著書を出版

 農学部国際・地域マネジメントコースに所属されていた稲岡司先生(佐賀大学名誉教授)による編著書『生態人類学は挑む SESSION 3 病む・癒す』が、2021年12月に京都大学学術出版会から刊行されました。

 本書は『生態人類学は挑む』シリーズ全16巻(単著10冊、SESSION 6 冊)の1冊で、霊長類や人類の生存(サバイバル)をテーマとしており、全10章のうち5章は、農学部国際・地域マネジメントコースの藤村美穂教授、中井信介准教授、辻貴志特定研究員、J.M.P.N. Anuradha先生(鹿児島大学大学院連合農学研究科で2018年度に博士(学術)の学位取得、現在スリランカのペラデニア大学農学部講師)および稲岡先生が、それぞれ分担執筆しています。

 ぜひご覧ください。
 

関連リンク:

閉じる