学部長メッセージ

English

佐賀大学農学部は、平成31年4月より、応用生物科学科・生物環境科学科・生命機能科学科の3学科体制が、「生物資源科学科(生物学コース、生命機能科学コース、食資源環境科学コース、国際・地域マネジメントコース)」の1学科4コース制に変わりました。1年間共通のカリキュラムで幅広く様々な分野を学び、その後2年時からコース配属を実施して専門教育を深めていくことになります。

農学は、食料生産を基本とした人類生存のための総合科学です。今、世界が直面している人口・食料・環境の諸問題において、農学の果たす役割が大きくクローズアップされています。佐賀大学農学部では、これらの現状を踏まえ、「食料」「生命」「環境」「社会」の分野において幅広い知識と問題解決能力を備え、我が国はもとより広く世界で活躍できる人材の育成を目指しています。

佐賀大学農学部は、自然豊かな脊振山系と有明海に囲まれた筑紫平野をホームグラウンドとし、佐賀県を中心に教育研究を展開しています。佐賀は、農林水産業の生産基盤が整い、その高い技術によって、さがびより(お米)、白石玉ねぎ、さがほのか(イチゴ)、ハウスミカン、嬉野茶、佐賀牛、佐賀海苔、佐賀酒など、多数のブランド農水産物が生産されている我が国有数の食料生産地です。また、近隣には多くの食品・飲料・醸造等の企業が生産拠点を置き,さらには、排出CO2の再利用による藻類バイオマス生産の開発など,農林水産業の進化・活性化が進行しています。

佐賀大学農学部は、このように農学を学ぶための恵まれた環境を背景として、幅広い領域で時代を先取りした教育研究を展開しています。具体的には、先端の生命科学の手法を取り入れた農畜産物の品種改良と生産技術の開発、食品の機能性向上と加工・流通・貯蔵技術の開発、また、生命の仕組みの解明とその創薬・医療・美容・農業への応用を行い、生物・微生物による資源の循環と有用産物の創出、持続可能な水産業に資する海苔や二枚貝の基礎研究、農耕地や浅海域の環境の保全と修復など環境に関する課題にも取り組んでいます。また、大規模農業を可能とする経営システムやICTを活用したスマート農業技術の開発、植物工場による有用農産物生産、佐賀大学オリジナル清酒「悠々知酔」に続く新しい佐賀大学ブランド品の創出、さらには、新しい農産品による国内の地域活性化から海外でのアグリビジネス・農業支援など社会経済の分野でも取り組んでいます。そのために、卒業後の進路は、 農業関係企業をはじめ、食品・製薬・医療・化粧品企業、環境・IT情報・土木建設、金融・福祉・サービズ、公務員、教員、など多岐にわたっています。また、大学院に進学してより専門性を深め、研究職や高度な専門職に就く人も多くいます。

佐賀大学農学部では、食と農に関する基礎技能を習熟・定着させることを目的とした「食農基礎技術マスタリー特別教育プログラム」を新設しました。本プログラムの受講生は、入学から卒業まで4年間にわたって、実習やインターンシップを重視したカリキュラムを履修し、農林水産業や食料に関する専門的知識と実際の農業を総合的に学びます。また、受講生は日本農業技術検定2級以上の取得を目指します。

学びの質をさらに高めた新しい農学部のスタートに期待して下さい。

佐賀大学農学部長  小林 元太

農学部ではこんな方を求めています!

「農学部の入学者受入れの方針:求める学生像」