農学研究科修士課程2年生が学生賞を受賞

 農学研究科修士課程2年生の三浦侑生(みうら ゆい)さんが,2021年12月4日に開催された第27回日本生物工学会九州支部大分大会において「白麹菌の Aspergillus luchuensis mut. kawachii における GH128 β-1,3-glucanase の役割解明」の題目で発表を行い,学生賞(修士の部)を受賞しました。

 発酵食品を作るのに必要な麹での麹菌の菌糸伸長は、米などの原料の糖化に密接に関係している。本研究成果は、白麹菌による安定な麹の作成を可能にする。また、GH128ファミリーβ-1,3-glucanase酵素はβ-1,3−グルカンに作用して、グルコースを生成せずにβ-1,3-オリゴ糖を生成する特徴があり、機能性β-1,3−オリゴ糖の生産のための酵素利用が期待されます。
(指導教員 後藤正利教授)