分子生命科学分野

概要

タンパク質の機能解析より(i)生命そのものや、(ii)人工的に困難な化学反応を理解し、得られた知見を産業・創薬分野へ還元することを目指した教育と研究を行う。

主な研究テーマは、

  1. 低温適応酵素の分子メカニズムの解明と人工酵素創生
  2. スサビノリにおける色落ち耐性品種開発・色落ち機構の分子メカニズム
  3. 先端磁気共鳴法による生物無機化学研究
  4. ラジカルSAM酵素スーパーファミリーの機能構造解析
  5. 新規反応中間体補足法による酵素反応解析

である。

スタッフ

助教 堀谷 正樹 / Assistant Prof.  Masaki HORITANI

堀谷 正樹写真

専門分野

生物無機化学

主な担当科目

  • 学部:生物物理化学、生化学実験

主な研究課題

  1. 低温適応酵素の工業化学的利用
  2. スサビノリの色落ち耐性品種開発を目指した色落ち機構解明
  3. 先端磁気共鳴法の開発および生物無機化学研究
  4. 高速混合凍結法やX線還元法による酵素反応解析
  5. 生体内ラジカル反応機構の解明

キーワード

低温適応酵素、スサビノリ由来酵素、分光法、磁気共鳴法、酵素反応解析、金属タンパク質

メールアドレス

堀谷先生アドレス

ウェブサイト

堀谷研究室のホームページ