システム生態学分野

概要

地球上の生物多様性は複雑な生物間の相互作用による共進化によって生み出されてきた。

そこで、環境保全や生物資源確保の立場からも、生物群集を生物間ネットワークシステムとしてとらえ、生物多様性の創出・維持機構を解明することが重要な課題の1つとなる。

この分野では、動物と植物の相互作用を中心に、生物間の相互作用の個体群・群集生態学的研究ならびに生物の生活史特性に関する行動生態学的、進化生態学的研究を通して、生物多様性の創出・維持機構に関する教育・研究を行う。

スタッフ

准教授 徳田 誠 / Assoc. Prof.  Makoto TOKUDA

専門分野

生態学

主な担当科目

  • 学部:応用動物昆虫学、システム生態学
  • 大学院:システム生態学特論

主な研究課題

  1. 生物間相互作用の多様性とその維持機構に関する生態学的研究
  2. 動植物の生活史戦略に関する進化生態学的研究

キーワード

生物多様性、生物群集、共生

メールアドレス

徳田先生アドレス

ウェブサイト

システム生態学研究室のホームページ