植物遺伝育種学分野

概要

食料生産の主体をなす有用植物の遺伝的素質を改良し、優良な新品種を育成するための育種理論と具体的手法についての教育と研究を行う。

具体的には、イネやダイズを主な材料として、品種間交雑や突然変異誘発等の手法を用いた有用品種の開発ならびに生化学・分子生物学的手法を用いた有用遺伝子の単難から遺伝子組み換え作物の作出に至る研究を行っている。

スタッフ

教授 穴井 豊昭 / Prof.  Toyoaki ANAI

穴井 豊昭写真

専門分野

植物分子育種学

主な担当科目

  • 学部:遺伝学、植物育種学I、新しい植物を創る
  • 大学院:植物育種学特論

主な研究課題

  1. 植物貯蔵脂質の代謝関連遺伝子に関する研究
  2. 突然変異を利用した植物のゲノム工学に関する研究
  3. 形質転換植物の作成と利用に関する研究
  4. 分子マーカーの開発と利用に関する研究

キーワード

植物脂質代謝、突然変異、遺伝子組換え、ゲノム解析、ダイズ

メールアドレス

穴井先生アドレス

講師 渡邊 啓史 / Lecturer  Satoshi WATANABE

渡邊 啓史写真

専門分野

植物分子育種学

主な担当科目

  • 学部:植物分子遺伝学

主な研究課題

  1. ダイズの開花期、登熟期に関する分子遺伝学的研究
  2. ダイズの収量性に関わる遺伝的要因に関する研究
  3. ダイズの形質転換植物の作成と利用に関する研究
  4. ダイズのDNAマーカーの開発と利用に関する研究

キーワード

開花期、登熟期、収量性、遺伝子組換え、ゲノム解析、ダイズ

メールアドレス

渡邊啓史先生アドレス