動物資源開発学分野

概要

われわれ人類は家畜家禽や愛玩動物との長い歴史の中で、動物資源からさまざまな恩恵を受けてきた。

本分野では、最新の遺伝子工学やバイオテクノロジー、コンピュータテクノロジーを用いた、これらの動物の育種改良、有用遺伝子の探索、また、生殖細胞を効率的に利用する技術開発のための教育と基礎研究などに取り組むとともに、農林水産省や佐賀県など各機関への助言指導を行っている。

スタッフ

教授 和田 康彦 / Prof.  Yasuhiko WADA

専門分野

動物遺伝育種学

主な担当科目

  • 動物遺伝育種学
  • 動物資源開発学
  • 動物遺伝育種学特論

主な研究課題

  1. 烏骨鶏に関する分子遺伝学的研究
  2. 家畜家禽の核内受容体遺伝子群に関する研究
  3. 家畜家禽における有用遺伝子探索法に関する研究
  4. 脊椎動物のゲノム進化に関する研究

キーワード

家畜家禽、育種遺伝、ゲノム解析、遺伝子解析、RNA

メールアドレス

和田先生アドレス

准教授 山中 賢一 / Assoc. Prof.  Ken-ichi YAMANAKA

専門分野

動物繁殖学

主な担当科目

  • 動物繁殖生理学
  • 動物生体生理学

主な研究課題

  1. クローン動物発生機構の解明
  2. 体外生産胚の高品質化
  3. 夏季における繁殖能力低下に対する防除法の開発

キーワード

家畜繁殖、核移植、体外受精、エピジェネティクス解析、暑熱ストレス

メールアドレス

山中先生アドレス