地域環境学分野

概要

佐賀県は平野部の米麦、中山間部の果樹、高冷地の野菜など農業が盛んであるが、農地より排出される肥料成分等の物質による環境への負荷が懸念される。

この分野では、佐賀県の農業の発展と環境保全を目指し、地形や気象などの特徴的な地域資源を利用した負荷物質の制御と作物栽培について教育・研究する。

スタッフ

准教授 原口 智和 / Assoc. Prof.  Tomokazu HARAGUCHI

専門分野

水環境学、灌漑工学

主な担当科目

  • 学部:環境水理学Ⅰ、環境水理学演習Ⅰ
  • 大学院:環境情報工学特論、水資源計画学特論

主な研究課題

  1. 農業由来の水質負荷物質動態の機構解明と排出負荷削減に関する研究
  2. 閉鎖性水域の水環境改善に関する研究
  3. 地域資源を利用した高品質農作物栽培に関する研究

キーワード

水質負荷、アオコ、塩水灌漑

メールアドレス

原口先生アドレス