植物ウイルス病制御学分野

概要

核酸とタンパク質からなるミクロの病原体であるウイルスの中には、他の病原体に比べて植物に感染して致命的な疾病を引き起こすものが多い。

この分野では、植物ウイルスのゲノム構造から、ウイルスの分子進化及び生態学的な解明を行い、どの様にウイルスが病原性を獲得してきたのか解明するための基礎的・応用的な教育と研究を行う。

また、植物ウイルスと植物体の相互作用についても、分子生物学や遺伝子工学の手法を用いた教育と研究を行う。

スタッフ

教授 大島 一里 / Prof.  Kazusato OHSHIMA

大島 一里写真

専門分野

植物病理学、植物ウイルス病学

主な担当科目

  • 学部:植物病理学I、植物病理学II、病原体のはなし
  • 大学院:植物病学特論

主な研究課題

  1. 植物ウイルスの分子進化に関する研究
  2. 植物ウイルスゲノムの多様性に関する研究
  3. 植物ウイルスと宿主植物の相互作用に関する研究
  4. 先端技術を利用した植物ウイルスの診断法の開発

キーワード

植物ウイルス、分子進化、分子生態、植物保護、多様性

メールアドレス

大島先生アドレス

ウェブサイト

植物ウイルス病制御学分野(研究室)のホームページ